私の過去問復習法!~大屋ver~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2018年 9月 15日 私の過去問復習法!~大屋ver~

こんにちは!

担任助手の大屋です。

学校が始まってしまいましたね!

皆さんどうですか?

受験生の話を聞いていると

「もっと勉強できた~」

という人が多かったです。

 

でも、今後悔しても仕方がないです。

今できることは、

夏の後悔の分をこれからの勉強で

どれだけ減らせるかです。

そこで、一番やれば点数が上がるであろう

過去問演習

について話していきたいと思います。

皆さんは、この前の

センター本番レベル模試

の後に成績を踏まえて担任の先生と面談をして

志望校のための授業を取ったと思います。

ここからはセンターではなく

私大国公立対策がメイン

になってきます。

今まで皆さんが解いてきたセンター試験の問題は

何回も演習すれば

自然と上がってきたともいます

いわゆる

「センターは慣れ」というものです。

しかし、

私大、国公立は全く違います。

過去問を研究していかないと一向に点数は上がりません。

何を言っているかわからないと思うので

説明していきますね(笑)

たとえば、

僕が通っている

立教大学

異文化コミュニケーション学部

日本史が鎌倉、室町がほとんど出題されず

近代に進むにつれて年代が出ます。

このように過去問を研究していれば勉強の優先度が分かります。

研究しているのとしていないのとでは

点数の伸びが全く違います。

なので、皆さん過去問を解いた後は

過去問研究シートを書いて自分がどの分野を

どの程度正解できたかを確認しましょう!!


 


 

今日の一問です

 

 

答えは

 

 

 

 

I cannot help thinking that he committed suicide.

cannot help ~ing で「~せずにはいられない」。