風邪は予防も大事だけど・・・ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2018年 11月 11日 風邪は予防も大事だけど・・・

 

 

こんにちは!!!

綾瀬校担任助手大田原です!!

今日は風邪予防についてです!!

受験生のみなさんは風邪予防しっかりしていますか?

してますよね!

していると思うので

今回は風邪をひいてしまったあとの症状を悪化させないために

なにをするのかについて大田原の経験を踏まえて話していきます!!

 

まず風邪の症状には2段階あります。

1段階目は体温が上がる段階

2段階目は体温が下がる段階です。

悪化させないためには体温が上がる段階で対処すべきなんです!

 

そもそもなんで体温があがるの?

風邪をひいたとき体の中では免疫細胞という細胞が

体内に侵入した細菌と戦っています。

その免疫細胞が「体温をあげろ!!」という指令を脳に出します。

一説によると体温が上がった方が

免疫細胞にとって有利な状況だから体温をあげるそうです。

それによって体温が一時的に上昇します。

しかし

体温が上がっているといっても

体感では「寒い!!」となり悪寒がします。

 

つまり僕たちがやるべきなのは

持続的に悪寒がした場合には

体温を下げないようにして免疫細胞を応援すること。

そうすることで風邪はあまり悪化しなくなります。

 

実際、受験中の大田原も「妙に寒いな」と感じたときは

早めに帰り、4枚ほど重ね着をして体温を下げないようにしていました。

そのおかげか頭痛やのどの炎症などの症状は全く出ませんでした。

 

風邪をひいて寝込んでいしまうと

いままで頑張って勉強してきたものが

一瞬でパーになり

ライバルとの差がついてしまいます。

予防するのはもちろんですが

かかったあとの対処も非常に重要です

心がけていきましょう!!

 

次のブログは古田先生です!!

お楽しみに!!

 

 

 

 

 


 

 

https://www.toshin.com/form/shotai_es/form_hs.php?url_name=ayase&cmt=&form_action=1