8月模試まであと4日!! | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2018年 8月 22日 8月模試まであと4日!!

こんにちは!綾瀬校の石原です!!

センター試験本番レベル模試まで

あと4日となりましたね!

            

最近、生徒さんから「英語の長文が

大問分野別の5や6だと点数が

取れるのに模試だと出来ない

という悩みをよく耳にします…。

今日は、解決法の一つの提案として

問分野別の活用法を伝授します!

 

大問分野別と模試の大きな違いは、

焦りや緊張が無いことと

大問分野別は集中している時間が短い

(長文なら10~17分程度)ことにあります。

 

15分集中して緊張感のない状態で

解く長文と80分長文以外も

解き終えなくてはいけない

緊張感のある状態では

点数にが出てしまう

こともあるでしょう。

 

そこで、大問5と6を3題用意し、

30~45分以内(自分のレベルに

合わせた時間)で時間配分をして

3題解き終えてみてください。

 

1題目で時間がかかると焦ってしまい、

2、3題目に響くので、

いつもよりも本番のような緊張感が

出ると思います。

本番では、いかに制限時間内に

すべての問題を焦らず出来るか

がカギになってきますので、

普段から練習しておきましょう!

 

答えは、、、

He was lying on the bed with his eyes closed.

付帯状況を表す(with+O+C)

「OをCの状態にして」の形にする。

「目を閉じられた状態にして」

となるように過去分詞closedが

用いられている。