わたしと夏やすみと英語と | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2019年 7月 30日 わたしと夏やすみと英語と

皆さんこんにちは中川です!

大学が26日に終わり、私にも夏休みがやってきました。

今年の夏休みは9月29日にあるTOEICに向けて、

私もみんなと一緒に英語

たくさん勉強したいなと思っています!


私は去年の夏休み、

文法単語などの基礎の復習に重きを置いていました。


長文読解はB組を取っていたので

それの予習、復習を行っていました。


B組の講師の先生である今井先生が、

受講が終わるたびに音読をすることを進めてくれたので、

受講が終わったら音読室で一日5回音読していました。

一番これが点数に直結したのではないかなと思います。

長文を解く時間が初めてやったときから半分くらいになったことで、

見直しに使える時間が増えて、

心に余裕をもって試験を受けることができました。


私は周りの担任助手より

少し遅いスタートにはなってしまいますが、

過去問、大門分野別に本格的にとりかかったのは8月中旬に入ったころでした。


しかし、基礎がしっかりと固まってから

問題演習にとりかかることができたため、

点数の伸び幅はかなりあって、

8月末のセンター試験本番レベル模試では8割とることができました。


私が実際夏休みにルーティンとしていたことは

5:30に起きて

センターレベルの単語を1日500個覚えること、

ネクストステージを150題解くことです。


8月の模試では単語2000個が完璧で、

ネクストステージも3周終わらせることができたので、

8割とることができました。


夏休みになったらセンター演習をたくさんやれと

言われることが多かったと思いますが


基礎ができていない段階で演習に取り掛かっても、

点数が取れずに時間を無駄にするだけです。

センター演習をすることはすごく大事だし、

まったくもって間違ったことではありません。

ただ、タイミングを見極めて、今このタイミングで

自分がやってもキャパオーバーにはならないか

をしっかり考えて演習に取り組みましょう!


明日のブログは西村先生です!

お楽しみに(^-^)