担任助手対談 内村×中川 | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2019年 9月 30日 担任助手対談 内村×中川

中川:どんなこと喋ればいいんですかね?

 

内村:んーまかせる

 

みなさんこんにちは

明治大学商学部内村謙介

法政大学法学部中川萌です

本日は、担任助手対談と題しまして

元担任と元生徒の対談です

 

中川:第一印象とかはどうでした?

 

内村:めっちゃ警戒されてんなーと思ったかな

じゃあ中川は?

 

中川:いや、覚えてないわ

 

内村:じゃあなんで聞いたんだよ(笑)

 

中川:そうですねえ、GM9月くらいに再編成したじゃないですか?

そこで初めて国立GMに入って内村さんが担当になって、よくしゃべる人だなあと思いました。

それからは東進来るのが楽しくなりましたね、知り合いがいたっていうのもあると思うけど。

 

内村:それは良かったです

うちのGMみんな頭良かったしみんな元気だったからね

でも本当に思うのはお前がいたからたぶんあんなに仲良くなったんだろうなって思ってるからそれはほんとに感謝してる

 

中川:それから印象変わりました??

 

内村:受験期はすごくストイックだなと思った

自分で決めたことはちゃんとやるし、出来なかったらめっちゃ無駄に悩んでるし、そういうところはちゃらんぽらんな割に真面目だなーと思った

 

中川:ちゃらんぽらんな割に????

 

内村:そう

 

中川:一言余計だわ

 

内村:逆にどうだった?

 

中川:良い担任助手だなと思った

めっちゃ親身になって話聞いてくれたから。あとは本当に面倒見良いですよね。内村さんが担任助手でよかったです

 

内村:どんなところが?

 

中川:世界史めっちゃやってくれましたもん

本当に苦手だったから

 

内村:でも本当にびっくりしたのは入試本番の一週間前くらいに20題位論述全部やってくるんで添削してくださいって言ってて絶対無理だと思ってたけど本当にやってきて添削してくださいって言ってきたのはびっくりしたな何万字かいたんだよって感じだったね

受験期のそういうところを見てきたから担任助手誘ったわけだけど、なんで担任助手やろうと思ったの?

 

中川:最初は将来の夢がそんな感じだったからですね

今はそんなにその将来に対するこだわりがなくなっちゃったからあれだけど

 

内村:俺も最初はやろうと思っていなかったし、第一志望合格していたらやってなかったと思うけど、自分は合格できなかったし、落ちたからこそ伝えられるものがあると思って

 

中川:へー、そうだったんですね!

 

内村:担任助手をやっていて良かったことは?

 

中川:自分の担当している子が点数上がったんですよって報告しに来てくれたり相談してくれるのが本当に嬉しいですね

 

内村:ほんとに、それこそさっき中川が言っていたのと同じようなことだけど、生徒が相談しに来てくれたら本当にやっていて良かったなと思うし、成績のびたら自分の成績伸びた時よりもうれしい。あとなんだろうな、それこそ本当に自分の生徒と仕事するのはめっちゃ楽しいね

 

中川:照れるなあ~~

 

内村:今のはカットで

 

(しっかり使います)

 

じゃあ最後にこれからの目標は?

 

生徒に愛される担任助手になります!

 

みんなが笑顔で受験終えれるようにしたいですね